モルタル・スモールハウス

  1. アルル別邸

    昨年12月の展示会でご覧いただいた「花のまちアルル」が一軒のお家に生まれ変わりました。リビングのすみに置いて程よいサイズです。花につつまれたアルル別邸です。…

  2. 満を持して  (妻の独り言)

    夢の国ディズニーの、赤い水玉模様が似合うネズミさんのお家のお話です。不思議に歪んだ家の魅力に取りつかれたのは、10年も前のことです。二人で何回も通い詰めてあらゆる角度から、外観の写真を撮り首をひねっていましたが、航空写真でその敷地を確認したとき、作れるかもと希望が持てました…

  3. スリータンズ・ブリュワリー

    イギリスにある1642年創業の老舗ビール工場をモデルに作った、モルタル・スモールハウスです。メインのレンガ造りの建物は1888年に建てられたようで、貫録のある魅力的な工場建築です。規則的に並んだレンガをモルタルで彫刻するのは、神経を使います。汚くなる直前まで古さを表現するエー…

  4. 花のまち アルルの5棟完成しました。

    花のまちアルルの5棟が完成しました。コーヒーカップと並べても、それほど大きくないハウスですが、どのハウスも丁寧に仕上げています。左からパン屋さん、民家、教会、カフェ、ホテルです。沢山の花の中にハウスが点在するアルルの街並みは、展示会場でご覧ください。余…

  5. アルル・シリーズ5連作(その1)完成しました

    布の花とのコラボ「花のまちアルル」のために、アルル地方の家を小さめのサイズで作っています。5棟製作予定ですが、その内の一棟(カフェ)が完成しました。…

  6. 「街角で見かけた一枚の絵の中から生まれたクリスマスハウス」完成しました

    製作中のクリスマスハウスが完成しました。屋根を赤系、窓と切妻の飾りをグリーン系にして、クリスマスの雰囲気を出しました。偶然見かけた絵の中の魅力的なハウスを、自分なりにモルタルで表現できたと思います。…

  7. クリスマスハウス

    前回ご紹介したラスカットの基礎の上にモルタル彫刻を施しました。去年の冬、通りすがりにみかけた絵の中のクリスマスハウスをモデルに設計しています。不釣り合いに太い煙突、急斜面の屋根、壁の大きな石組み等でアンバランスな感じを出し、おとぎ話っぽく作りました。これから着色します…

  8. 次の作品にとりかかりました

    モルタル・スモールハウスの次期作品の製作を開始しました。クリスマスに似合いそうな、メルヘンチックな感じを目指しています。今は、モルタル彫刻をするための基礎ができた段階です。今回はラスカットを使っています。屋根の反り具合など、ほぼイメージ通りに出来ましたので、次の行程が楽しみで…

  9. 「石造りの塔のある家」(完成)

    モルタル・スモールハウス「石造りの塔のある家」が完成しました。5月末完成目標から、半月遅れての完成です。約4か月かかりました。壁の角にある飾り石と屋根飾りが、造形のポイントになっています。微妙な段差を付けながらすっきりと仕上がりました。着色面では、石造りの塔と、漆喰壁の母屋の…

  10. 「モルタル・スモールハウス」製作中(その3)

    昨日から着色作業に入っています。煙突の部分の煉瓦から始めています。建物本体の色は地味にしたいので、煙突は少し派手目にしています。この後、塔の部分の石組み、母屋の漆喰壁、そして屋根を着色していきます。かなり年代を経た感じを目指して、あとひと頑張りです。…

月別ブログ

PAGE TOP